バスにある子供対象の割引制度

バスや電車といった公共交通機関には、特別な割引制度があります。いわゆる社会的に弱い立場であります高齢者や障害者、そして子供たちは特別な料金で乗車する事が出来ます。バス会社によって微妙に規約が異なる可能性もありますが、基本的に乳幼児は乗車券が不要です。要するにゼロ円で利用する事ができ、少し年齢が上の幼稚園児もまた割引制の対象となります。幼稚園児がひとりで乗車する際は、いわゆる子供料金が1人分掛かりますが、保護者が同伴すれば、幼稚園児に対しての料金は不要となります。小学生以上になりますと、必ず料金が発生しますので、その点は要注意です。

バスの子供割引について

バスは電車と同じように子供割引があります。だいたい、幼稚園児や小学生がこの対象となり、中学生以上の大人の半額とされていることが多いようです。なお、2歳か3歳くらいまでの幼児は、大人に連れられている限りは無料とされていることもあります。ただし、幼児は何人でも構わないとすると、極端な話、保育園の引率などのときでもバス運賃は大人1人分だけということになってしまい、幾らなんでも困ります。ですから、大人1人につき無料の幼児は1人か2人まで、それを超えると子供運賃がかかるように決められていることもあります。

↑PAGE TOP